疲労骨折

query_builder 2021/04/07
ブログ

疲労骨折は足の甲(第2中足骨)が好発部位です。

太もも(大腿骨)、スネの骨(脛骨or腓骨)、足の内くるぶし(足関節内果)、肋骨、尺骨などでもおこります。

女性の場合では、無月経や閉経、婦人科系疾患に伴うホルモンバランスの乱れにより骨密度が低下することでも発症します。


原因としては、外傷による骨折とは違い、同じ部位に繰り返し負荷がかかり蓄積されることにより発症します。

スポーツ選手が短期的に集中的なトレーニングを行ったときに生じることが多いです。

筋力不足やアンバランスな筋肉の付き方、柔軟不足などが考えられます。

オーバーワーク、不適切なシューズ、練習場が硬すぎるなど環境が原因となる場合もあります。


治療法と予防法

まずは、安静にしていただくことが1番です。

治ゆを早めるためにライプス治療で骨折部位の結合を早め

3DMENSで微弱電流を流しより再生を早めていきます。

ATminiという貸出用電気を自宅でも行っていただくことで

治ゆまでの期間が大幅に短縮されます。

当院の実績ではありますが2ヶ月かからずにスポーツ復帰された患者様がいます。


再発予防としては

トレーニングメニューの見直し、スポーツ前後の柔軟を適切に行うことです。


NEW

  • 自律神経のお話(交感神経編)

    query_builder 2021/05/07
  • 腱板損傷

    query_builder 2021/04/19
  • 疲労骨折

    query_builder 2021/04/07
  • 内側側副靭帯損傷 原因と治療

    query_builder 2021/03/26
  • 足関節捻挫 原因と治療

    query_builder 2021/03/12

CATEGORY

ARCHIVE