マスクと呼吸

query_builder 2021/05/26
ブログ

今回はマスクと呼吸のお話です。


昨今、新型コロナウィルスで屋内.外を問わずにマスクをする生活が続いていると思います。

マスクを長時間着用することで呼吸が浅くなり本来取り入れるはずの酸素濃度が下がります。


適切な呼吸ができていないと

身体のだるさや疲れが取れにく、肩こりや頭痛などが生じやすい

免疫力が下がる、集中力が低下する、発癌リスクが上がる

自律神経の乱れなどが考えられます。


人が密にならない場所ではマスクを外し深呼吸をしましょう。

4秒かけて吸う、4秒止める、8秒かけて吐く

4.4.8呼吸法をしましょう。

呼吸が浅くなっているかのセルフチェック方法として

鼻をつまみ30秒以下で呼吸がしたくなったら呼吸が浅くなっているかもしれません。

40秒止められるが理想的です。

是非皆さん試してみてください!!

NEW

  • 免疫力と睡眠時間

    query_builder 2021/06/01
  • マスクと呼吸

    query_builder 2021/05/26
  • 自律神経のお話(副交感神経編)

    query_builder 2021/05/18
  • 自律神経のお話(交感神経編)

    query_builder 2021/05/07
  • 腱板損傷

    query_builder 2021/04/19

CATEGORY

ARCHIVE